クリニック理念

・地域の皆様の身近なクリニック・頼れるクリニックを目指します。

・地域のかかりつけ医として、地域の皆様の心と体が健康になれる

 ように力を注ぎます。

・患者さんに寄り添い、障害に対し幅広く対応いたします。

・地域の医療機関と連携をとり、患者さんにBestな医療を提供します。


あいさつ

院長:小松信男


初めまして、

佐久市の生まれです。

大学を卒業後は大学の外科学教室に入局しました。

一般外科・消化器外科を専攻しました。

大学病院、また関連病院で診療を学び、外科技術を研磨しました。

10年間、大学病院で学び、退局。その後、縁があり1999年4月より小諸厚生総合病院(現:浅間南麓こもろ医療センター)に勤務しました。

小諸厚生総合病院では、消化器内視鏡(胃カメラ、大腸カメラなど)を中心とした消化器疾患の診療に従事しました。また、胃がん、大腸がんなどの外科治療・高度専門治療を行ってきました。そして、がんの化学療法、緩和医療、在宅医療までと、たくさんの経験を積まさせてもらいました。

これらの経験等を活かし、患者さんのより身近なところで診療がしたいと、この度開業を決意しました。

消化器疾患の診療はもとより、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防・治療。一般内科(かぜ等、ワクチン接種)。癌の予防、早期発見。寝たきり予防。人間に必ず訪れる最後、その人なりの幸せな人生の生後を迎えられるように、少しでもお役に立てればと思ってます。

ちょっとした健康相談から切り傷、擦り傷、打撲等まで気楽に受診してもらいたいと思います。

地域の皆様の、心と体が健康になれるように力を注ぎます。

頼れるクリニック、身近なクリニックを目指して頑張って行きたいと思います。

よろしくお願いします。


プロフィール


1982年 岩村田高校卒業

1983年 昭和大学医学部入学

1989年 昭和大学医学部卒業 外科学教室入局

     大学院 第二病理学教室 医学博士

     大学の派遣にて、石心会狭山病院、丸山記念病院、亀田総合病院、

     都立墨東病院外科・救命センター等で勤務。

1999年 昭和大学医学部 外科学教室退局

     小諸厚生総合病院(現:浅間南麓こもろ医療センター)外科に入職。

     画像診断センター内視鏡部長・外科部長

2019年12月 開業  


専門医など


  • 医学博士(1995年取得)
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本外科学会 専門医
  • がん治療認定医
  • がん緩和医療研修会終了
  • 嚥下機能評価研修会終了