肛門科

お尻のトラブル・症状は3人に1人に見られるとても身近症状です。

 

主な症状・・肛門部の痛み出血(排便時)いぼ脱出しこり です。

頻度の高い疾患は・痔核(いぼ痔)  ・裂孔(切れ痔)  ・痔瘻 です。

重大な疾患がかくれていることあり、専門の肛門外科に受診をお勧めします。

 

痔核・・肛門の静脈がうっ血、拡張したり、肛門のクッションが脆弱した状態です。症状は出血、痛み、腫れがみられます。ひどくなると、痔核(いぼ)が脱出します。

予防・・日常生活習慣の注意が大事です。

治療・・急性期はほとんどお薬で軽快します。出血を繰り返す人、いぼの脱出が高度の人は手術が必要です。

 

裂孔・・肛門が切れて排便時に出血します。

慢性化すると、肛門ポリープや皮垂ができます。肛門狭窄することもあります。

便秘をしないなどの日常生活習慣での予防。

治療・・ほとんどはお薬で治ります。慢性化したポリープ、皮垂、狭窄は手術が必要です。

肛門周囲膿瘍・・肛門の少し奥から細菌が入って、周囲が化膿し、膿を作ります。痛み、発熱等がみられます。

治療・・切開が必要です。

慢性化して、肛門近くに交通して管ができたものが痔瘻です。

管より汚いが浸出液が出て、下着が汚れます。痔瘻は薬では治らず、手術が必要です。


当院で行う手術

・局所麻酔下および仙骨麻酔(ブロック)を用いた日帰り手術です。

 高度の痔核、高度の痔瘻など、入院を要する手術は行っていません。

 近隣の近隣の医療機関をご紹介致します。

手術治療

痔核

・注射療法(ALTA療法)

・痔核結紮切除

 

血栓性外痔核

・血栓除去術

 

裂孔

肛門周囲膿瘍  切開術

痔瘻