胃カメラ(上部消化管内視鏡)


胃カメラは当日の検査も可能ですのでTELにてお問合せください。

 

経鼻内視鏡(鼻から)、経口内視鏡(口から)を行っています。

 鎮静剤投与にての胃カメラ検査も対応しています。

 (鎮静剤投与希望の方は、点滴を行います。また検査中、血圧、酸素飽和度などのモニターを装着します。検査後はしばらくクリニック休んでいただきます。車の運転は禁止します。)


オリンパス社製 

MBI、拡大内視鏡機能搭載の最新鋭の機種を導入しています

 

 

 

 

 

胃カメラ(上部消化管内視鏡)

喉頭、食道、胃、十二指腸を観察します

挿入ルートにより

・経鼻内視鏡・・鼻孔より内視鏡を挿入します(太さ約5㎜・・写真右)

・経口内視・・口より内視鏡を挿入を挿入します(太さ約10㎜・・写真左)

 

それぞれに利点、欠点があります

 

 

 

内視鏡手順


前処置

検査前日は21時以降は食物はとらないでください。

検査当日も朝食はとらないでください。

水分はお水、お茶は飲んでも構いません。

お薬を定期的に飲んでるいる方は、確認させていただきます。


経口内視鏡

のどの麻酔をします。

すぐに終わります。

口にマウスピースをしてもらいます。

リラックスして、指示に従いながら挿入していきます。

喉頭反射が出やすいです。



経鼻内視鏡

鼻腔の麻酔をします。

おおよそ10分ほどかかります。

鼻腔の広さを確認しながら、ゆっくり挿入していきます。

喉頭の通過は、経口内視鏡より楽にできます。

検査中、会話もできます。