大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

・大腸がん検診(便潜血)で要精密検査の方

・血便、腹痛、便通異常など有症状の方、 大腸内視鏡検査をお勧めします。

 

当クリニックでは、優しい(苦しくなく)内視鏡をしていただけるように配慮しています。

前処置を必要とするため、検査は予約制となっています。

TELにてお問合せお願いします。

 

鎮静剤希望の方は、対応しています。

 鎮静剤使用の方は、点滴を行いお薬を注射します。

 内視鏡終了後、しばらく休んでいただきます。

 当日の車の運転は禁止させていただきます。

・大腸カメラ(大腸内視鏡)は、大腸を下剤などで洗浄し、きれいにしてから行います

(前処置)。

・当クリニックでは、前処置を行うためのスペースを用意しております。プライべートにも配慮し、内視鏡後に、電動リクライニングソファで休んでいただけます。

近くに、トイレも用意してあります。

・オリンパス社製の最新鋭の機種を導入しています。

画像強調像MBI、拡大内視鏡機能搭載しています。

それらを活用し、病気の早期発見、治療に努めていきます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

大腸ポリープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査時に小さな大腸ポリープが見つかったときは、同時に切除が可能です。

但し、血液をサラサラさせるお薬を服用している方、ポリープが大きい時(出血、穿孔のリスクが高い)は後日、または近隣の病院をご紹介いたします。